Atsushi Hara win 2008 Reedy Touring Car Race of Champions Round 3

1位 Atsushi Hara  1,1,1,1,1,2
2位 Masami Hirosaka  1,1,1,1,2,2
3位 Marc Rheinard   1,1,1,2,2,2
4位 Viktor Wilck  1,1,1,2,2,3
5位 Ronald Volker  1,1,1,2,3,3
6位 Jilles Groskamp  1,1,2,2,2,3
7位 Ralph Burch  1,1,2,2,2,4
8位 Andy Moore  1,1,2,3,3,3
9位 Paul LeMieux  1,2,2,2,3,5
10位 Rick Hohwart  1,1,2,3,4,5

5月22日~25日にかけて、「2008 Reedy Touring Car Race」(リーディ レース)がアメリカ・カリフォルニア州ローズビルの「SpeedworldRaceway」で開催されました。

TRF (タミヤレーシングファクトリー)はインビテーショナルクラスにマーク・ライナート選手、ビクター・ウィルク選手、ジレス・グロスカンプ選手、フーポ選 手、前住諭選手がエントリー。「世界で選ばれた30名」だけが参戦できるこのクラスで、2006年・2007年と連覇しているだけに今大会も期待がかかり ます。

リー ディレースは「予選・決勝」という通常のレース方式とは異なり、全8回走行した中でのベスト6の着順ポイントで勝負を決します。また走行毎に全選手の組合 せが変更、使用できるタイヤ本数も限られることから、毎回ハードなレース展開となり最後まで白熱した争いが繰り広げられます。

さらに今大会ではグリップ剤・タイヤウォーマーの使用が禁止されたのに加え、悪天候によるスタートディレイでレース終了が夜の10時過ぎというタフな展開となりました。

レース初日の4ラウンドを終えた段階で、チームTRFではトップゴールがマークとジレスの各1回ずつと苦しい展開。

しかし2日目にはビクターが3ラウンドでトップゴールを決めるなど、持ち前の速さを見せつけます。そして最終8ラウンドめにはマーク、ビクター、ジレスがそれぞれトップゴールと最後を締め、結果マーク選手がトップ3回の他ステディにポイントを獲得して総合3位でフィニッシュ。同じく3回トップのビクター選手が4位、常に安定した走りを見せたジレス選手が6位と、TOP10にTRF416が3台入賞いたしました。

今後ともTRF(タミヤレーシングファクトリー)およびTRFマシンへのご声援よろしくお願いいたします。

Translate :

22 in May?”2008 Reedy Touring Car Race” (Reedy race) was held by “SpeedworldRaceway” of United States Roseville, California until the 25th.

Player mark Leinart, player Victor Wilk, Geresgross comp player, player Fupo, and the front Ssat player enter TRF (Tamiyarashingfactore) in Imbitashonalcras. The rally is expected in this class that only “30 people chosen in the world” can enter the war now because it wins successive victories in 2006 and 2007.

The Reedy race differs from a race method usual, that is, “Preliminary contest and final”, and decides the match with the Kijun point of best 6 when having run eight all times. Moreover, it becomes every time hard race development from the change of all players’ combinations at the time of each running, and limits of the number of the tire that can be used and the fight candescent to the last minute is unfolded.

Be prohibited the use of the grip medicine and the tire warmer, and furthermore in addition, the race end became tough development of 10 PM by start DeLay by bad weather in the rally now.

At the stage where the fourth round at the race first day was finished, a top goal is one time for each and develops in team TRF painful.

However, the speed of inborn is shown off as Victor decides a top goal by the third round on the second day. And, it marks to the final eighth round, Victor and Geres tighten a top goal and each end, the result mark player acquires the point steadily besides, and finish in the third synthesis place. Player Geres to whom player Victor of three top times showed 4th place and an always steady running won a prize and, similarly, three TRF416 won 6th place and TOP10.

Will Please give my best regards to TRF (Tamiyarashingfactore) and the TRF machine the rooting in
the future.

Source : Tamiya TRF & Maruyo Blog

This entry was posted in Racing News and tagged . Bookmark the permalink.